2010/05/11

中西牛郎

新宗教研究をしていると中西牛郎(うしお)なる人物にぶつかったので、ネットから引っ張ってきたのを書きます。

1859‐1930
明治-昭和時代前期の著名な宗教思想家
安政6年1月18日生まれ。
同志社にまなび,明治14年神水(くわみず)義塾をひらく。
米国に留学後,本願寺文学寮教頭となる。「新仏教論」で仏教改革を説き、雑誌「経世博義」を刊行し国粋主義を主張。
天理教と神道扶桑教の教典をまとめた。
昭和5年10月18日死去。72歳。肥後(熊本県)出身。号は蘇山。
著作はほかに「宗教革命論」など。

というのがありました。
文献などは探していませんが、それなりに有名な研究者だったようです。
この時代は学者という表現の方があってるのかもしれませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿