2010/07/19

島薗進先生のブログ

島薗進・宗教学とその周辺

皆さんご存じでしょうけど、宗教研究の有名人。というか、宗教学会の会長してたり、東大の教授の島薗先生のブログにおもしろい記事があったので記載します。

島薗先生は宗教学のどのあたりを専門にしてるのか分からないんですけど、もしかしたら全部なのかもしれません。最近は死生学も盛んに研究されているみたいですし、どうなんでしょうか。ただこの先生はなんかすげー。としか言いようがないですね。

人によってはご批判もあるかもしれませんけど、目を通すだけの価値は十分になると思います。
以下抜粋です。


日本の世俗化と宗教概念
2010年6月1日 シンポジウム・国際ライシテ宣言とアジアの世俗化、2008年11月28日。(後、羽田正編『世俗化とライシテ』東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」、2009年、刊に収録)。

Ⅰ.日本の世俗化をめぐる4つの考え方 
 日本の世俗化はいつ頃に決定的な転機があったのか。これについては、4つの考え方があり、それぞれに妥当性をもっている。
第1の考え方では、16世紀から17世紀にかけて、仏教やキリスト教勢力を抑圧して、将軍権力が確立した時期がもっとも重要な転機だとするものだ。割拠する戦国大名と一向一揆の勢力を抑えて全国統一を行った織田信長は、その過程で本願寺や比叡山延暦寺などの強大な宗教勢力を武装解除し、武将の政権に従属する地位へと貶めた。続いて豊臣秀吉や徳川将軍はキリシタンを抑圧し仏教を一面優遇するとともに、仏教教団への強力な統制体制を整えていった。その後、支配階級である武士は行政官僚へと転じ、その精神的バックボーンとして次第に儒学を学ぶようになる。仏教の影響力が後退し、儒学や神道が統治の精神的根拠となっていく過程は世俗化の進展といえないこともない。
 第2の考え方では、1867年の明治維新に続いて西洋諸国を見習いながら国民国家を形成期しようとした時期にこそ、日本の世俗化の決定的な転機がある。当初、神道国教化を目指した維新政府だが、仏教勢力の抵抗やキリスト教の布教容認や信教自由制度の確立を求める西洋諸国の要求に従って、それなりに「信教の自由」や「政教分離」を国家体制に具体化していくことになる。しかし、天照大神の血統を引く天皇の神聖な地位を国家統合の中心にすえる体制は次第に整えられていった。すなわち、国家神道体制が形成され、諸宗教を進行する自由も国家神道への忠誠の枠を出ないはずであったから、これがどこまで「世俗」体制といえるかどうか判断は分かれるところである。
 第3の考え方では、1945年に占領軍が民主化政策の第一歩として神道指令を発し、国家神道を解体し、続いて46年に天皇の人間宣言がなされ、日本国憲法が公布されて信教の自由が法的に確立されたことによって世俗化が決定的に進んだとするものである。戦前の体制では、天皇の宮中祭祀(皇室神道)とそれに連なる神社神道は神聖なものとして尊ばれ全国民はこれに参与させられた。また、御真影(天皇の神聖な肖像)と教育勅語が学校で礼拝され、神聖な「国体」の教説が教えられたから、憲法に信教の自由が規定されていても、それは限定的なものにすぎなかった。皇室神道と神社神道と国体の教義からなる国家神道は、強く国民生活に影響を及ぼした。1946年以後、ようやく日本は世俗国家へと変容したのだ。
 第4の考え方では、以上の経過を経ても、なお、日本の世俗化は完了していないというものである。占領軍は「国家神道の廃止」を指示したとされるが、実際には神社神道を国家から引き離したにすぎなかった。宮廷祭祀にはほとんど手をつけなかったので、皇室神道はかなりの程度、保存された。天皇は「国民の象徴」として公的な存在として大きな役割を果たしているから、皇室神道は実質的に国民生活に大きな影響を及ぼし続けている。皇室神道に大きな意義を与え、国民生活において日本の神々とその子孫と信じられる天皇の地位を高めようとする政治活動はたいへん熱心に行われてきた。伊勢神宮、靖国神社、宮廷祭祀の公的役割の復権がしばしば試みられ、元号法案や建国記念日の制定のように、いくつか具体化されてきてもいる。その意味では、国家神道は今なお解体されつくしてはおらず、潜在的に国家統合の機能を担い続けていると見ることもできる(島薗 2006)。

Ⅱ.それぞれの考え方の妥当性
 以上のどの議論も成り立つというのが、私の見方である。つまり、日本は「世俗化」に対応するような政治制度上の重要な変化を3度にわたって経験している。それらは、それぞれ(1)統治階級の脱仏教化・脱来世化――16~17世紀、(2)教団宗教の多元性・自律性の容認と科学的合理主義の導入――明治維新後、(3)国家の聖性の大幅縮減――1945年以後、の3つである。
 では、それらは「ライシテ」というような単一の用語で指すことができるものだろうか。どうもなかなか難しいように思う。なぜかというと、そもそも宗教対非宗教、宗教対政治というような対比がかんたんにはなりたたないからではないかと思われる。
 3つの転換点のうち、第1の転換点と第2の転換点は、ある意味では新しい宗教性の興隆に向けた転換点でもあった。第1の転換以後は、公的領域で儒教や神道が勢力を増し、武士や豊かな町人・農民が儒教や神道に共感するようになっていく時期の始まりだった。では、仏教がもつ宗教性と儒教や神道がもつ宗教性はどのように対比されるべきなのだろうか。そこには確かに、来世的、超越的なものの地位を低め、現世重視の思考法や行動様式へと転換していく変容過程がある。
 第2の転換以後は、国家神道が形成され多くの国民がそれに巻き込まれていくのだが、それは啓蒙主義的な近代的知識の旺盛な吸収、また合理的な知識に基づく近代的な社会制度の導入と並行してもいた。後者の側面から見れば、確かに国民生活において世俗化が急速に進んだとも言える。エリートの間でキリスト教や仏教は一定の影響力をもったが、科学的合理主義の方がより大きな影響力を及ぼしたのは確かである。
 第3の転換以後は、確かに国民の精神的自由の度合いは高まった。国家神道が残存しているとしても、国民はそれにさほど参与しなくてもすむような法制度や政治体制がある程度、整えられている。キリスト教や新宗教の信仰生活を送ること、国家神道の儀礼や教えを強制されないことは今のところほぼ保障されている。とはいえ、靖国神社問題や天皇の代替わり儀礼、あるいは教科書の記述をめぐってしばしば論争が起こっている。国家神道の強化によって精神の自由が脅かされると感じている人は少なくないのである。
 たとえば、靖国神社が国家的な追悼施設として公的地位を回復したとしよう。また、天皇がそこに礼拝することが当然のことと見なされるようになったと仮定しよう。その場合、戦死者の祭祀は国家神道的な色彩を大幅に強めることになるだろう。また、神道的な天皇の代替わり儀礼が大々的に国家的行事として行われるなど、天皇が宮中で行っている祭祀が公的な地位をさらに回復し、国民生活にとって重要な意義をもつものだと認知されるようになったらどうなるだろう。それは日本の住民の信教の自由、精神の自由に大きな制限を加えることになるだろう。
 しかし、そうした変化が起こるためには、必ずしもラディカルな法制度や政治体制の変革が必要なわけではない。つまり、現代日本の信教の自由、精神の自由は、きわめて微妙な制度運用や政策決定に依存しているのである。
Ⅲ.西洋的「宗教」概念の限界を超えて
 以上のような日本の信教の自由や近代的な政教関係の形成過程を適切にとらえる上で、ライシテ、あるいはそれにあたる用語が有用だろうか。どうもそうは言えないように思う。
 なぜか。それはライシテ論では、基本的な概念が西方キリスト教のモデルにのっとって形成されており、それを他の文明圏に適用しようと思うと無理なあてはめになってしまうからではないだろうか。ライシテ論はそもそも政治組織(国家)と宗教組織(教会)が明確に分化してきた西方キリスト教世界において、近代化の過程で生じた事態を描き出すのに有効だった。だが、他の文明圏では、そもそも政治組織と宗教組織がきっぱりと分化していないことの方が多い。だとするとライシテという語で指すものが、西洋の場合と相当に異なったものになるのも当然ではないかと思われる。
 東アジアでは国家がそもそも聖なる秩序の中心として機能するという体制が長期にわたって続いてきた。中国の皇帝は帝国を統合する祭祀を行い、文明の中心に位置する聖なる存在として諸宗教を統制すべきものと見なされた。中国では宋代以降、韓国では李朝以降、日本では江戸時代以降、皇帝の統治権を代行する官僚層も儒教に基づく神聖な秩序体系の宣布者とも見なされるようになる。これらは超越的な次元を含んでいるが、キリスト教と教会組織が政治体制と区別できる自律的領域をもち、「宗教」とよばれたのと同じような意味で「宗教」であるわけではない。儒教を「宗教」とよぶことについて私は認めてよいと考えるが、その場合、「宗教」の語の意味が西洋的な意味での「宗教」とはやや異なってくることを明確にしなくてはならない。このように諸文明間の文化枠組の相違を十分に意識した上で、概念の調整を行わなくてはならないのだ。
 これと同じようなことは、イスラーム文明やユダヤ教文化や東方キリスト教文明やヒンドゥー文明や先住民文化についても言えるだろう。宗教の存在形態が異なる他の文明や文化において、宗教の多元性や信教の自由・精神の自由について論じる際には、基本的な概念をどのように構成していくのかが重要な課題になってくる。ライシテ概念は、特殊西洋的な「宗教」概念とセットになって明快な意義を有する概念であり、他文明・他文化に適用するとき、それが適切に使えない場合が多々あるかもしれないことを覚悟しなくてはならないだろう。イスラームを「宗教」として論じるときには、キリスト教圏の「宗教」概念とは異なる意味が必然的に含まれざるをえず、そのことをよく自覚した上で用法を間い直すことが必要になってくる。現代はまさにそのような主要概念をめぐる「文明間の対話」が求められる時代である。
 では、ライシテ概念を用いることによって、そのような「文明間の対話」に貢献することは可能だろうか。もちろん可能である。フランスやいくつかの国々の文脈で用いられてきたライシテ概念の内実を明確にしつつ、他文明・他文化において用いる際、どこで齟齬が生じるかを明らかにしていかなくてはならいだろう。また、それぞれの文明や文化において、ライシテに対応する現象がどのように生じてきたか、また、それがどのような概念でとらえられてきたかをよく調べ、共通の用語で論じるための基盤を整えていかなくてはならない。
 まず問題となると思われるのは、複数の「宗教」としてとらえるとき、それらが同等の地位をもつものと見なしてよいかどうかということである。たとえば、東アジアでは仏教と儒教と神道は、それぞれ同じような意味で「宗教」と見なしてよいかどうかが問われざるをえない。メジャーな「宗教」とセクト、カルトとよばれるような集団を同等に扱うことが当然の規範となるかどうかという問いも生じる。また、統治体系の基本前提と結びついた「宗教」と、そうではない集団を担い手とする「宗教」の間でそもそも平等ということがありうるのかという問題もある。
今ひとつ重要なのは、「宗教」を個々人の内面の信仰に関わる事柄、またそのような個人が特定の宗教組織に「帰属」する事柄という観点からのみ捉えてよいのかという問題、また、国家や政治と異なる自律的な宗教独自の領域や組織をもつのが当然だという前提を保持してよいのかという問題である。個々人は必ずしも自律的な宗教組織への「帰属」という形ではなく、宗教に関わることが少なくない。
たとえば、日本の国家神道の場合、「宗教」への帰属の意識を持たない多くの人びとがその儀礼世界に参与する。そもそも国家的な儀礼と国民の関係は、宗教帰属の問題とは言えないだろう。政治的な意義をもつさまざまな事柄が、「宗教」帰属とは言えない形で国民を宗教に関与させる。こうした問題を論じていく上で、ライシテの概念は有効だろうか。
以上のような諸問題についての差異を詳細に認識し、さまざまな文化的、政治的環境において宗教的な多元性とそこでの信教の自由・精神の自由がどのように確保できるか、多くのケーススタディを積み上げ、比較研究を進めていくべきだろう。その後に、なおライシテという語が有効な語として機能しうるかどうか、今の段階では判断が容易ではないと思われる。

参考文献
島薗進「現代宗教と公共空間――日本の状況を中心に」『社会学評論』第50巻第 4号(通巻200号)、2000年3月
同 「国家神道と近代日本の宗教構造」『宗教研究』329号、2001年
同 「比較宗教研究の現在と東アジアの視座――戦死者追悼問題と国家神道の概念を手がかりとして」、篠田知和基編『神話・象徴・文化』楽浪書院、2005年 
同 「戦後の国家神道と宗教集団としての神社」圭室文雄編『日本人の宗教と庶民信仰』吉川弘文館、2006年a
 同 「神道と国家神道・試論――成立への問いと歴史的展望」『明治聖徳記念学会紀要』復刊第四十三号、2006年b
 同 「新しいスピリチュアリティと宗教の再定義――世俗化と宗教性の新しい形式」『日仏文化』第73号、2007年
同 「国家神道はどのようにして国民生活を形づくったのか?――明治後期の天皇崇敬・国体思想・神社神道」洗建・田中滋編『国家と宗教――宗教から見る近現代日本』法蔵館、2008年a
同 「宗教史叙述の罠――神道史・国家神道史を例として――」市川裕・松村一男・渡辺和子編『宗教史とは何か』リトン、2008年b
島薗進・鶴岡賀雄編『〈宗教〉再考』(鶴岡賀雄と共編)ぺりかん社、2004年
Susumu Shimazono, “State Shinto and the Religious Structure of Modern Japan,” Journal of the American Academy of Religion, vol.73, no,4, December 2005
Ibid., “State Shinto and Religion in Post-war Japan,” in James Beckford and N.J.Demerath Ⅲ, eds., The Sage Handbook of the Sociology of Religion, Sage, 2007
Ibid., “State Shinto and Emperor Veneration,” Ben-Ami Shillony, ed., The Emperors of Modern Japan, Brill, 2008

すごすぎて難しい…

2010/07/10

新宗教研究

 最近知り合いの方になんで今新宗教研究してんの??

 みたいなことを聞かれました。私が感じる範囲では悪意はなさそうだったんですけど、真相は分かりません。

 確かに宗教学してると言うとなんで??というようなコメントは出ます。

 研究者どうしだとそうでもありませんけど、学生間でもたまに聞きます。

 なぜ?と聞かれると答えないといけないんですけど、なかなかうまい返しができない。というのも本音です。

 それではいかんと前々から思ってはいるんですけど、なかなか実践できないもんです。

 興味があるから。とかじゃしょーもないしな。どうしたもんかな…

2010/07/02

善福寺



天理に行ったので、善福寺に行ってきました。
門は明治初年に内山永久寺から移建されたらしいです。
浄土宗知恩院末

文化14年(1817)天理教教祖が、五重相伝を受けたお寺です。

冷泉為恭という有名な画家のお墓もありました。