2011/11/15

国家神道と日本人



この新書は国家神道という明治維新前後の宗教形態を明らかにすることで、日本人の宗教観のようなものを明らかにすることを目的としている本というのが感想でありました。

このような試みは神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈 (岩波新書 黄版 103) に代表されるようにかなりの研究の蓄積がある分野と言えるかと思います。

天理教の発生時期の周辺の事上もよく分かると思います。

それも踏まえて読んでみると良いかと思いますが…

0 件のコメント:

コメントを投稿